「松川事件」とは、1949年に福島県の日本国有鉄道東北本線で起きた列車往来妨害事件です。

 

下山事件、三鷹事件とあわせて戦後の「国鉄三大ミステリー事件」の一つといわれており、容疑者20人が逮捕されたものの、その後の裁判で全員が無罪となり、未解決事件となりました。

 

 

事件の経緯

三鷹事件から約1ヶ月後の1949年8月17日、午前3時9分ごろ福島県信夫郡金谷川村を通過中だった青森発上野行き上り412旅客列車が、突如脱線転覆しました。現場は、東北本線松川駅と金谷川駅の間のカーブ入口地点であり、先頭の蒸気機関車が脱線転覆し、後続の荷物車2両、郵便車1両・客車2両も脱線しました。

 

この結果、49歳の機関士と、27歳の機関助士、23歳の機関助士の3名が死亡しました。現場検証の結果、転覆地点付近の線路継目部のボルト・ナットが緩められ、継ぎ目板が外されているのが確認されました。

 

さらにレールを枕木上に固定する犬釘も多数抜かれており、長さ25m、重さ925kgのレール1本が外されており、殆ど真っ直ぐなまま13mも移動されていました。周辺を捜索した結果、付近の水田の中からバール1本とスパナ1本が発見されました。

 

捜査
下山事件、三鷹事件に続く鉄道事件として世間の注目を集めました。事件翌日には内閣官房長官の増田甲子七が、三鷹事件などと「思想底流において同じものである」との談話を発表し世論もそのような見方に傾き、捜査当局は当初からそれらの事件との関連を念頭においていたことが窺えます。

 

捜査当局はこの事件を、当時の大量人員整理に反対し、東芝松川工場労働組合と国鉄労働組合構成員の共同謀議による犯行との見込みをつけて捜査を行いました。

 

事件発生から24日後の9月10日、元国鉄線路工の少年が傷害罪で別件逮捕され、松川事件についても取り調べを受けました。少年は逮捕後9日目に松川事件の犯行を自供しその自供に基づいて共犯者が検挙され、合計20名が芋づる式に逮捕・起訴されました。

 

 

 

裁判

1950年12月6日の福島地裁による一審判決では、被告人20人全員が有罪、うち5人が死刑となりました。1953年12月22日の仙台高裁による二審判決では17人が有罪、うち4人が死刑、3人が無罪となりました。裁判が進むにつれ被告らの無実が明らかになり、作家の広津和郎が中央公輪で無罪論を展開しました。

 

また、宇野浩二、吉川英治、川端康成、志賀直哉、武者小路実篤、松本清張、佐多稲子、壷井栄などの作家や知識人などによる支援運動も起こり、世論の関心も高まっていきました。1959年8月10日、最高裁は二審判決を破棄し、仙台高裁に差し戻しとなりました。検察側の隠していた、

 

被告人たちのアリバイを証明する「諏訪メモ」の存在と、検察が犯行に使われたと主張した「自在スパナ」ではボルトを緩められないことなどが判明し、1961年8月8日に被告人全員が無罪判決を受けました。1963年9月12日、最高裁は検察側による再上告を棄却、被告人全員の無罪が確定しました。

 

判決当日にはNHKが最高裁前からテレビ中継を行い報道特別番組「松川事件最高裁判決」として全国に放送しました。

 

無罪判決確定後に真犯人追求の捜査が継続された形跡はなく、1964年8月17日午前零時、汽車転覆等及び同致死罪の公訴時効を迎え、事件は未解決のまま幕を閉じました。

 

 

 

謀略説

この事件は、「日本共産党支持層であった東芝社員らの労働運動を弾圧するためにGHQや警察が仕組んだ謀略である」とする説が事件直後から囁かれていました。

 

事故直前に現場を通過する予定であった貨物列車の運休や、警察があまりにも早く現場に到着した点、事件後に現場付近で不審人物を目撃したという男性の不審な死など不可解な部分が多く、これらを元に謀略説の可能性があると指摘されていました。

 

事件から20年経った1970年7月には、旧陸軍の特務機関員であった中島辰次郎が「アサヒ芸能」上で事件の真犯人であると告白し、国会でも取り上げられました。中島はキャノン機関のメンバーと共にレールを外した工作の経緯を詳細に語りましたが、信憑性を疑う意見も多く、真偽は不明です。

 

 

「真犯人」からの手紙

1958年11月、被告側弁護団の一員だった松本善明宛に、「私達は現犯人」と記した手紙が届きます。「私達は福島列車転覆事件を実際にやった私達今、被告として裁判に付されている方々本当に申し譯なく思います(原文ママ)」などと書かれていました。

 

また、事件に関わったのは7人で、名古屋に3人、前橋に2人、岡山に2人居り、さらに「事件には当時の共産係二名に関係して居ります」とも記されていました。また、手紙が愛知県名古屋市熱田区から出されたことが封筒の裏面に記載されていました。弁護団はジャーナリストなどとこの手紙を調査し、名古屋市熱田区の旅館で書かれた可能性があることを突き止めました。

 

手紙の筆者は、年齢当時35歳以上で高等小学校卒、文章を殆ど書かない人物で肉体労働に従事し、東日本出身で若い頃から外国で生活していたという人物像が浮かびました。

 

事件当時には松川駅の方から歩いてくる9人の背の高い男が目撃されており、「真犯人」からの手紙の人数と一致していて、手紙の信用性を高めています。手紙を受け取った松本も、「これは本物だ」と第一印象で感じたと述べています。

 

 

この事件を扱った作品

下山事件を扱った作品は以下のとおりです。

 

映画

1952年「真実は勝利する」
1954年「松川事件—眞実は壁を透して—」
1958年「松川事件 フィルムによる証言」
1959年「九年の歳月はかえらない」
1960年「真実のあかしのために」
1960年「手をつないで」
1961年「松川事件」
1965年「にっぽん泥棒物語」

 

演劇

1955年「松川事件 真実は壁を透して」
1959年「松川事件」
1961年「現場を見た人」
1963年「消えた人」

 

書籍

1991年「松川事件の犯人を追って」大野達三
1997年「松川事件・真実の証明 戦後50年松川運動の原点に学ぶ」高田光子
2004年「日本の黒い霧」松本清張
2007年「松川事件の真犯人」吉原公一郎
2007年「新版 松川裁判」広津和郎
2007年「何も知らなかった日本人—戦後謀略事件の真相」畠山清行
2009年「松川裁判から、いま何を学ぶか—戦後最大の冤罪事件の全容」
2012年「謀略 再び轢死の舞台に登場する松川事件」松本善明

page top